生活を変えてヘルペスを予防

睡眠をとる女性

ヘルペスを予防するためには、抵抗力を上げることが大切になります。ヘルペスはもともとは多くの人が子供の頃に感染する水ぼうそうのウイルスが、身体の中に残っていることが原因で起こってしまうものです。
「薬で治療したはずでは?」と考える人がほとんどですが、実はヘルペスは症状を抑えることは出来ても、身体の中から原因となるウイルスを取り除くことができないのです。

一度身体の中に入り込んだヘルペスウイルスは、身体が本来持つ抵抗力によって抑え込まれて普段は症状が現れることはありません。
しかしストレスや疲れによって抵抗力が弱くなってしまうと、押さえつけているものがなくなったウイルスの働きが活発になるので、ヘルペスが再発してしまうのです。
抵抗力はヘルペスの発症予防だけではなく、風邪などの多くの感染症の予防のためにも向上させておきたいものです。
ストレスや疲れをためないようにするためには、食事と睡眠、そして運動が大切になってきます。
特に一人暮らしの人や仕事の付き合いで外食をする機会が多いという人の場合、肉や脂っこいもの、炭水化物などを中心にした食事をとっていることが多く、野菜の摂取量が不足していることが考えられます。
ビタミンやミネラルは健康な身体を作るためには必要不可欠なもので、抵抗力の向上のためにも欠かすことは出来ません。
そして睡眠も抵抗力を上げるためには欠かすことができない要素の一つです。睡眠不足の人の白血球からは、抵抗力が低下している時に分泌される顆粒球という物質が含まれていたというデータや、睡眠不足の人は感染症にかかりやすいというデータもあります。

このことから、抵抗力を上げてヘルペスの再発を予防するためには、しっかりと睡眠をとることが大切だといえます。
運動も欠かすことは出来ない要素の一つです。運動で身体を動かすと血液の循環が良くなり、身体の中の抵抗力の元とも言えるナチュラルキラー細胞の働きが活発化するので、ヘルペスやその他の感染症の原因となるウイルスや細菌が身体の中で活動しようとするのを防いでくれる働きがあります。毎日の生活の中できつすぎる運動を取り入れたことで筋肉痛などを起こしてしまうと、抵抗力を逆に低下させてしまうこともわかっており、抵抗力を向上させるためには逆効果になってしまうといわれています。
抵抗力を向上させるためにはウォーキングやジョギング、水泳などの軽度の有酸素運動を行うのが有効だといわれています。

成分を意識した食生活も大事

どれだけ気を付けていてもこのストレス社会の現代の日本では、自分でも気づかないうちにストレスや疲れは溜まってしまいます。そこで気を付けたいのが、アルギニンとリジンという2つの成分の摂取量です。
リジン4:アルギニン1以上というのが理想的な数字だといわれており、体内でアルギニンよりもリジンの方が多いという状態にすることでヘルペスウイルスの働きを抑制し、発症を予防することができるといわれているのです。

アルギニンとリジンはサプリメントを利用することも可能ですが、毎日の食生活に気を付けることも大切です。リジンは牛肉や豚肉、魚類、チーズなどの乳製品に含まれていますので、一般的な食生活を送っていれば不足することは無いといえるでしょう。
しかし、アルギニンが多く含まれる大豆や玄米、落花生、くるみなどが中心となる食生活を送っていると、アルギニンとリジンのバランスは崩れてしまいヘルペスを発症してしまいやすくなります。
野菜中心の食生活では、リジン1対アルギニン1の食生活になってしまうともいわれています。
ビタミンやミネラルといった微量の栄養素の摂取にも気を付けつつ、アルギニンとリジンの摂取量にも注意した食生活を送ることが、ヘルペスの発症を防ぐためには重要なポイントになります。