性器ヘルペスの詳しい症状

性器ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルス1型または2型の感染により、性器や、性器の周辺ががただれてしまったり、水ぶくれができてしまったりする病気です。
発症箇所は男性と女性とで異なりますが、太ももやお尻に症状が現れることがあるという点は同じです。
性器ヘルペスはウイルスが潜伏していれば、症状が現れることはありません。
性器ヘルペスは、一度かかってしまうと、何回も症状を繰り返してしまいます。
薬により症状を和らげることはできるのですが、それでも再発してしまいます。
性器ヘルペスにはすぐに症状が現れるものと、時間が経ってから症状が現れるものとがあります。
すぐに症状が現れる場合は、性器や口まわりなどにヘルペスの症状を持った患者との性的行為などによって感染します。
行為から2日から10日くらいの潜伏期間があってから徐々に症状が現れます。
性器周辺が、初めはヒリヒリとしたり、ムズムズしたりと違和感を感じます。
次第に小さなブツブツや水ぶくれができ始めます。
このブツブツや水ぶくれはかゆみを伴うのです。
こういった症状が出始めてから5日後くらいから、水ぶくれが潰れ、皮膚がただれてきます。
さらにその7日後頃からは、痛みも強くなり、高熱が出ることもあります。
ウイルスに感染していてもすぐには症状が出ない場合は、ウイルスが潜伏している状態の時です。
ウイルスに感染しているものの、潜伏している状態なので症状が現れません。

しかし、風邪をひくなどの体調不良を起こしたり、疲労などからいきなりウイルスが暴れ出すことがあります。
性器ヘルペスに初めてかかると、その症状は重くなる傾向にあり、痛みも強くなります。
薬を使用することで痛みやかゆみを和らげることも可能ですが、場合によっては入院治療も必要になってしまいます。
一度症状がおさまり、一見治ったように見えても再発してしまうことも多くあるのです。
再発は初感染のときよりも症状が軽く済むことが多いです。
再発は、疲労やストレス、性的行為や身体の免疫が落ちることが原因となって起きてしまいます。
発症箇所は初ま感染のときと同じですが範囲が狭くなることもあります。

また、再発の場合初感染のときのような発熱やリンパの腫れが出にくいため、軽症で済むことが多いです。
しかし、性器ヘルペスは、一度かかってしまうと、再発を繰り返してしまうので、とても難しい病気です。再発には予兆があるので本人が自覚することができます。

男性と女性では症状が変わってくる

男性と女性とでは、性器がそれぞれ異なります。そのため発症箇所も男性と女性とでは異なるのです。
男性の場合、陰茎、亀頭を包む皮膚などに痛みやかゆみが出ることが多いです。
一方女性の場合は、膣口や大陰唇や小陰唇などに痛みやかゆみが出ることが多いのです。
また、男性が外陰部のみ、痛みやかゆみが出ることがほとんどに対して、女性の場合は、子宮頸部や膀胱にまでも痛みやかゆみを感じるようになってしまいます。ヘルペスウイルスが髄膜にまで達すると、髄膜炎を起こしてしまうこともあります。

一般的に男性よりも女性の方が重症化しやすく、大変注意が必要なのです。
女性の場合、ひどくなると尿が出なくなることもあり、そうなってしまうと入院をして治療しなければならなくなります。
男性も女性も性器ヘルペスにかかってしまう原因は、性器ヘルペスに感染した患者との性的行為です。
性器ヘルペスは、一度感染してしまうと治すことができない、完治の難しい病気なので行為をする前にしっかりとこの病気に対する知識や理解を深め、慎重に行動していくことがなによりも重要なのです。
また、自分が性器ヘルペスになってしまったら、パートナーにそのことを伝え、感染者を増やさないようにすることも大切なことなのです。