子供が発症するヘルペスの症状と対処法

ヘルペスは年齢問わず感染し発症すると皮膚や粘膜などに痛みを伴う水ぶくれやただれなどを起こす、どこにでも存在するウイルスの一種です。
水ぶくれの症状のみが現れるウイルスを「単純ヘルペス」、水ぶくれ・帯状疱疹などの症状も見られるウイルスを「水痘・帯状疱疹」と大きく2つに分けることができます。

また単純ヘルペスはさらに2つに分けられ、口の周りにできる口唇ヘルペスや口腔内などに症状が現れるものを「単純ヘルペスウイルス1型」、性器などに症状が現れる性病の性器ヘルペスを「単純ヘルペスウイルス2型」と呼びます。

子供が発症しやすい多くはこの「単純ヘルペス」の種類の症状になります。
子供といっても年齢層は大変幅広く、乳幼児も感染・発病する可能性が高いので普段から口の中の様子など異変がないか、日常の見守りが重要になります。
代表的な症状は38度以上の発熱、口の周りに水泡やただれが見られ、かきむしったり痛みを訴える、口の中に口内炎や口内炎に酷似した水泡ができて、食べ物を口にしたりすると、刺激でびっくりしたり、泣き出してしまうことなどがあります。
一般的に医師の診断と薬の服用で、完治するのに約2週間ほどかかります。
このウイルスに感染しないようにする対処法はほぼ0で、誰しもがすでになにかしらの経路で感染しこのウイルスを体内に持っていて、体調不良や体力・抵抗力の減少で発病するといわれています。
また乳幼児はまだ言葉を口にすることができないので、不機嫌が長く続く、水ぶくれを伴う湿疹などがみられないかのチェック、授乳やミルク・食べ物などを口にした時に嫌がる・痛がるなどのサインを発していることが殆どですので見逃さないようにしてあげましょう。
(水疱瘡のワクチンの未接種や発病を経験していない月齢の乳幼児には、家族間や共有物を経路にウイルスが感染しやすく、予防接種の前に発症するケースもあります。)

またこのウイルスは感染する力が大変強く、水泡やただれの症状を再発しやすいことでも有名で、感染自体は避けられませんが、発症・再発を避ける対処法のひとつに自身や子供の体の抵抗力を強化しておく事も有効な方法といえます。
夜更かしなどの生活習慣を見直し、食生活も変えてみるなどの対策をとり、ウイルスに負けない体作りをしておくことも大変重要です。
また早期発見や発病した際の対処法・病院での早期治療の開始で傷口の回復や、不快症状を最小限に抑えることが可能です。

発症に気付いたらすぐに病院に行きましょう

この病気の最大の特徴は、感染力が非常に強力で誰にでも感染しやすく、更に市販の薬では完治が難しいという点である為、症状に気がついたら早急に病院での受診をおすすめします。
病院は基本的に、小児科・内科・皮膚科での受診が可能になりますが、口唇ヘルペスの専門は皮膚科が一番専門といえます。
(いきつけの内科など病院での診察を受けて治りが遅いと感じる場合は、一度皮膚科などを再受診する事を考えてみるのもひとつの方法です。)

また傷口をかきむしってしまうと、その部分からとびひや化膿をともなう皮膚炎などに進んでしまう可能性もあるので、子供の爪を短く切りそろえ爪の間に汚れがたまらないように注意したり、こまめな洗浄や消毒で指先を清潔にしておくことも必要です。

病院では主に内服薬と塗り薬を処方される事が殆どですが、患者の体質や病気歴などを考慮して、医師の判断で変更される事もあるので、処方どおりしっかりと薬を服用・塗布し、必要以上に患部を触らないように注意しましょう。
(患部をガーゼなどでふさいでしまうのは湿気や空気がこもり、治癒の遅れにもつながる恐れがあるので、自己判断で傷口をふさぐような絆創膏などを使用するのは控えましょう。)