ヘルペス治療には何科に行けばいい?

ヘルペスというのは水ぶくれができる症状で、ヘルペスウィルスによる感染症です。
ウィルスの種類がいくつかありその種類によって症状が様々で、単純疱疹という唇や性器にできるもの、帯状疱疹などがあります。
水ぶくれができる症状として思い浮かぶものは水ぼうそうですが、実はこれもヘルペスウィルスです。
 
このような単純疱疹と帯状疱疹は別の疾患でありウィルスの種類も違うことになります。
単純疱疹のひとつである口唇ヘルペスはウィルスが原因が感染してくちびるのまわりに水ぶくれができる症状です。
風邪をひいてしまったり熱がでてしまうようなことで起こることがあり、ウィルスは潜伏感染しているため免疫機能が低下することで再発を繰り返す特徴があります。

単純疱疹には性器の周りにできるものがあり、このウィルスは下半身の神経節にとどまって潜伏することになります。
ほとんどの人は感染しても気づかないことがあります。
この性器ヘルペスも免疫力が低下することで発症することが多いのです。
帯状疱疹というのは子供の頃に感染した水ぼうそうのウィルスが原因となり、そのウィルスが神経節に住みついているものが体の免疫力が低下することによって再発することがあります。
ピリピリとした痛みを伴う赤い水ぶくれができるという特徴があります。
顔や背中、胸やお腹などの一部に赤い水ぶくれができるのですが、体の左右いずれかにできるという特徴があります。
このような症状があらわれた場合は早めに病院などで適切な治療を行うことが大切です。
早めに治療を行ってほかの人にうつさないように注意をすることが必要です。
ヘルペスの症状はいくつかあるため何科を受診すればよいのか判断が必要にもなります。
口唇ヘルペスや性器ヘルペスといった単純疱疹、顔や背中、胸やお腹などに帯状に水ぶくれができる帯状疱疹といったものが出来た場合は、まずは皮膚科にいって受診を受けるという方法が一般的となります。

ただ性器ヘルペスの場合は皮膚科よりも泌尿器科、女性なら婦人科で受診を受けるという方法もあります。
ヘルペスの特徴としては一度感染するとウィルスを退治することができません。
治療の方法としてはウィルスの増殖を抑えるような薬や症状を和らげる薬を使って治療する方法が一般的です。
早く治療するほうが症状も軽くて済むということもあります。
まずは疲れやストレスをためないようにするということと、症状があらわれた場合は早めに治療をして休養することが大切です。


検査内容とかかる費用

ヘルペスにはいくつか種類があり、口唇や性器にできる単純疱疹や、体の一部に帯状にできる帯状疱疹は病院での治療が必要です。
まず病院では検査を受けることになりますが、検査内容によって費用もかわってきます。
検査内容はウィルスの種類によって異なる場合があります。

口唇ヘルペスの場合は問診と視診で確認することができます。
性器ヘルペスの場合は症状があらわれている部分の皮膚の粘膜や分泌物を採取してウィルスの有無を調べることになり、他に血液検査によってウィルスの抗体を調べる方法もあります。
単純疱疹は治療を開始して完治するまでに10日から2週間程度かかることがあります。
治療の際には診察や薬の費用がかかります。
薬はウィルスの増殖を抑える、症状を和らげるための内服薬を飲むという方法と水ぶくれが広がらないようにクリームを使用する外用薬があります。

一般的に単純疱疹にかかる費用として、口唇ヘルペスの場合は皮膚科で治療を行った場合、診察にかかる費用が1000円から1500円前後、薬にかかる費用として内服薬や外用薬などありますがだいたい2000円前後ということになり、これらが3割負担とした場合のおおよその治療費となります。