ヘルペスウイルスは主に接触感染が原因

カップル

ヘルペスは接触が主な感染源になります。
特に家族や恋人など、日常的に接触する機会が多い間柄で感染が広がってしまうことから、ヘルペスは別名「愛のウイルス」とも呼ばれているほどです。
感染経路はさまざまで、感染者が使ったタオルやスプーンをそのまま使ってしまった、というような共用物を介した感染の他に、ヘルペスに感染している親が子供に食べかけのものを与えたり、ヘルペスに感染している人が、感染していない人にキスをする、といった接触感染があります。

唾液や体液がつくことにより、その中に含まれているウイルスが感染していくのですが、共用物はしっかりと洗浄しておくことでウイルスを洗い流して別の人への感染を防ぐことができるため、感染経路の多くは接触感染によるものとなります。
特にヘルペスの症状が目に見えている状態で口の周りに水疱などが出来ている場合、その水疱にはヘルペスウイルスがたくさん潜んでいます。
もともと感染力が強いヘルペスですが、水疱を触った手で感染していない人に触れてしまったり、感染した人が使ったタオルを気づかないまま使ってしまった、というような感染経路で次々に感染が広がってしまいます。
家庭以外でも、幼稚園や保育園などでは身体に触れながら遊ぶ機会も多いため、遊びながらの接触が原因で子供が感染してしまうケースも多くなっています。

また、日常的な生活を送っているだけではなく、性交渉を行うことで性器にヘルペスが感染してしまうことも少なくありません。
口の周りに水疱ができる口唇ヘルペスの状態で性器に触れてしまうと、ヘルペスウイルスが性器に感染して性器ヘルペスになってしまうこともあります。

公共の場での洋式トイレなどを使った際に、前に使った人の持っていたウイルスが便器などに付着しており、それが原因で感染してしまうこともありますので、日常のあらゆるシーンで感染してしまう可能性がある病気だといえます。
ヘルペスの接触感染を防ぐためには、水疱などの症状が出ている時にはなるべく患者に近づかないようにすることです。>特に幼い兄弟のどちらかが感染してしまった場合、症状が良くなるまではもう一人の兄弟が近づかないようにするのも感染防止策の一つです。また、感染した人が使ったグラスやタオルなどの共用物は、特に分けて洗う必要はありませんが、他の人が気づかずに使ってしまうことがないように、使用後にはすぐに洗浄しておくことで、接触感染の予防に繋がります。

無症状期でも感染の危険性がある怖さ

ヘルペスの感染は、症状が出ている時だけに起こるものではありません。>感染したけれどまだ症状が出ていない無症状期であったとしても、感染していない人と接触して感染させてしまうこともあります。
無症状期で本人の自覚がなくても、ウイルスは確実に身体の中で増殖し、唾液や精液などの体液に含まれているのが原因です。
無症状期であるため自分自身には「ヘルペスに感染した」という自覚がありませんから、普段通りに生活をしてしまって感染を広げてしまう可能性があります。

健康な人であっても肌に傷があるような場合には、そこからウイルスが侵入してしまいますし、特に免疫力が低下している人は健康な人以上にヘルペスに感染しやすくなってしまいます。>そのため自分自身が感染しているという自覚がなく、高齢者や幼児、病気の人などに感染を広げてしまう危険性があります。

一度感染してしまうと、現在の医学では完全にウイルスを撃退することができないため、無自覚で感染を広げてしまう可能性がありますが、自分自身の免疫力を上げておくことでウイルスの活動が活発にならないようにすることもできます。
自分自身の再発の予防のためにも、他人に感染させないためにも、免疫力の向上が有効な手段となります。