ヘルペスは特に再発しやすい!?

ストレスを感じる男性

ヘルペスウイルスは誰もが持っていると言われています。
何度も再発する人と一生症状の出ない人といますが、一度なった人は再発の可能性が高くなります。
一般的に皮膚の柔らかい部分に出ると言われていて、顔ならば口唇や目の周辺に表れるのが一般的ですが、時として頬に出る場合もあります。
自分でも気付かないストレスを受けている時や、そのストレスがひと段落した時に過労となり発症する場合もあります。

ヘルペスが出る時の症状として口角ヘルペスを例に取ると、まず口唇の一部分がチクチクするような痛痒い感じになります。
ここで爪などで掻いてしまうと、ウイルスを刺激して一気に細かな水疱となる場合があります。
患部が熱をもったようになるので更に痒くなってしまいますが、水疱の中にはウイルスが沢山潜んでいるので、破くのは危険です。

一度でもヘルペスを発症した事のある人ならば再発する前に感覚で分かるので、おかしいと思ったら病院で薬を処方してもらったり、手持ちのヘルペス用の軟膏を患部に塗ったりする事で症状の活性化を防ぐことが出来ます。
ヘルペスに効く飲み薬はゾビラックスとバルトレックスの2種類があります。
ゾビラックスは1日5回、バルトレックスは1日2回の服用となっていて、現在では大方の医師がバルトレックスを処方します。
飲み薬についてはどちらも上限が5日となっていて大方5日続けて服用すれば症状は治まってきます。

一方、飲み薬ではなく軟膏の場合はドラッグストアでもヘルペス薬の購入が可能です。
ただし、こちらは飲み薬ほどの効果はなく、人によっては患部に熱を持ち一層強い痒みを覚えることもあります。
起きているうちは患部を触らないように気をつけていても、眠っている時に痒くて掻いてしまい傷になった、あるいは水疱が破けて活性化しているヘルペスウイルスが別の場所に感染してしまうという悪循環にもなりかねません。
特に幼児など、その危険性が分からない子どものうちは注意が必要です。
塗り薬を使用する場合は、水疱が沢山出てウイルスが活性化している時期は避け、一旦症状が治まりかけた瘡蓋の時に使用するのが良いでしょう。

もしも目の周辺にヘルペスが出てしまった場合は、口唇に発症した時よりも注更に意することとなります。ヘルペスウイルスが広がって目に入ってしまった場合、失明することにもなりかねません。
可能ならばガーゼなどで患部を覆い、仮に水疱が破けてもウイルスが目に入らないようにしましょう。
ヘルペスが出た場合、皮膚科でも内科でも対応してもらえます。

過労にも気を付けよう

働く人は勿論、今は子供でも何らかのストレスを受けている時代です。何故か分からないけれど疲れている、どこか怠さを感じるというのは過労によるヘルペスの前兆でもあります。
そういう時は疲れている原因さえ分からないもので、症状が出てから気付く場合もあります。
ストレスと過労で免疫力が下がり、発症または再発させてしまう事があるので、何度も再発させてしまうという人は自分がどのような時にヘルペスが出るかを把握しておく事が大切です。

そして、体がそのような状態になったら無理せずに休むことも必要です。

ヘルペスの幹部は1センチくらいでも、その辛さは全身に及びます。
発症前で気付き、悪化させる前に薬等で症状を抑え込めれば全身の怠さも軽いもので済みますが、悪化してしまった場合は約一週間もの間、辛さを背負う事になります。
風邪が原因でヘルペスになる人もいます。
熱がウイルスとなって症状に表れる事もあります。
風邪でなくても発症するという人は再発を繰り返さない為にも、意識的に休息を取るようにしましょう。休息や体を休めると言うと睡眠時間を多く取らなければいけないと思われるかも知れませんが、ただ横になるだけでも発症の予防になります。
風邪などと違い、栄養の摂取だけでは予防しきれないものなので、日頃から疲れを溜めないように心がけましょう。